ミャンマーの橋の不思議

人間の経済活動における「橋」の役割というのは大きなもののようです。

距離的には「すぐそこ」であっても、そこに川があるというだけで「とても遠く」なります。

タイのバンコクでも
バンコクの細道:その九
で紹介したパパデンなど、
バンコク中心地ともいえるスクンビット地区からすぐそこ、
なのに開発から取り残された地区もあります。

20070915234829s_20160508155816513.jpg
森が広がるパパデン地区。
バンコクから直線距離ですぐ近くなのですが、大迂回をしていく必要があります。
そのため開発から取り残された田舎風景が残っています。

※厳密には、「あえて」橋や道路を作らず、計画的に開発を制限しています。


ヤンゴンに一番近いビーチリゾート(日帰りOK):ラッココンビーチ
も、ヤンゴンダウンタウンから自転車で対岸にわたりましたが、車で行こうとすると、一旦ヤンゴン北部まで行って大迂回していく必要があります。

※こちらは「計画的に開発をしない」というわけではなく、韓国の援助で橋をかける計画もあるようです。




UBeinBridge.jpg
(http://www.sandalsand.netより)
マンダレーにある世界最長の木製橋のウーベイン橋(U Bein Bridge)。長さ数キロにわたります。


2013-08_0630.jpg
(http://www.thousandwonders.netより)

シャン州にあるゴーティ鉄橋(GOKTEIK BRIDGE)。全長700メートル近く、高さ100メートル以上で東洋一だったそうです。
現役で使っています。



というような巨大橋もミャンマーにはあるのですが、身の回りの生活にもたくさんの橋があります。
今回は生活に密着した橋を一挙公開です。


IMG_1038_R_R.jpg
自宅にわたるための橋。縦に竹をわたし、横にならべています。
単純ですがバイクもわたることができます。




IMG_1039_R.jpg
全景です。 向こう側には隣の家の橋もみえます。




IMG_1052_R.jpg

こちらは、縦に竹を敷き詰め、横には材木を並べています。


IMG_1053_R.jpg
向こう側で農作業をするため重いものが運べるよう丈夫に作っているのですね。



IMG_1059_R_20160508165200b51.jpg
こちらは立派な木橋ですね。
橋の途中には休息ベンチまであります。


IMG_1060_R.jpg
ちょっと遠くから眺めてみます。
いいかんじですね。


IMG_1232_R.jpg
こちらは本格的な木橋ですね。


IMG_1231_R.jpg
荷車も通ることができます。


IMG_1051_R_R.jpg
逆にこちらは簡単に作った橋ですね。木をわたしただけです。


IMG_1046_R_R.jpg
こちらは竹を縦にわたしただけです。 私にも作れそう ←本当か?


IMG_1047_R.jpg
竹を2本わたしただけ。こうなると渡るための難易度が高くなってきます。
そのせいか、手すりをつけています。


IMG_1032_R_R.jpg
これは、、、、なんと竹1本わたしただけの橋です。
手すりがついていますが、これを渡るのは勇気が必要ですね。


IMG_1034_R_R.jpg
丸太を渡した橋。日本でも登山などすればありそうですね。


IMG_1068_R_20160508171258fc3.jpg
小川の向こうに家がならんでいます。

不思議なのは、、、

一軒一軒ずつ橋がかかっていること

大きな橋が一つあれば十分!

かと思うのですが、、、、なぜでしょう?




IMG_1119_R.jpg
これは別の場所。 村に通じる橋です。
村にはいる橋なので、村でメンテナンスしているのだと思います。

IMG_1128_R.jpg
かなり立派な橋です。


IMG_1228_R.jpg
村で竹の橋を作っていました。
IMG_1229_R.jpg
作っているところを見ても簡単そうです。



P1050986_Rs_20160508172403951.jpg
こちらはタイのアカ族の村にあった竹の橋です。 結構緻密!
こちらは私にはまったく作れそうにありません。

北への旅 2;山岳少数民族ホームスティの村より



その他、タイの橋もブログ記事から紹介!


DSC05664_R_20160508185720206.jpg
タイのバンコク近郊、マハチャイの木橋です。

中途半端な「バンコクの野生イルカ」より




20061209010157_20160508190047206.jpg
サンクラブリの木橋。タイ最長の木橋です。
この写真の後に崩れてしまったのですが、現在は再建されています。

サンクラブリでお勧めのP Guest House



100pmarket2_20160508190359065.jpg
米運搬船が通るため真ん中が高くなった橋

もう一度、さびれた素敵な水上マーケット;チャチュンサオ百年市場より


DSC01734_R_20160508190704ec7.jpg
バンコクでも家にわたる橋もたくさんあります

バンコクの(超)細道:その八より
[ 2016/05/08 16:27 ] 番外編 ミャンマー  | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する