スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

途上国の仕事に賄賂は常識 : 東京オリンピックへの提案

この前バンコクで、バンナー・チョンブリ高速道路を走っていたら、
料金所のところで警官がオイデ、オイデと手招き。

警官に呼ばれるとろくなことがないが、
御多分にもれず「スピード違反」とのこと。


速度自動監視装置にちゃんと写っている、
50kmオーバーで罰金5000バーツ!


と警官は主張する。

冗談でしょ!


タイの高速道路では、流れに沿って走っているだけでスピーチ違反確実!の速度なのですが、50kmオーバーは無理。

それに、そのときはタイヤの空気圧が低い気がして、あえてゆっくり走っていた。  

スピード違反をしていたはずがない!


しかも、罰金5000バーツって何?????
そんな多額の罰金を聞いたことがない。


私は、

「警察に行って話をしよう!」

としたが、なんだかんだと警察に行くことを拒否する。

そして、私が払う意思無しとみると5000バーツをじわじわと値下げして来た。


最近のタイは警察も大分マシになってきたのだが、久しぶりにドロドロの警官に会ったなあ。


このようなネタは、
タイの国家機密をいま公開
に沢山あるので、どうぞ!

-------------------------------

知り合いがタイに来た際に携行荷物が持ち込み可能な範囲を超えているとして、空港で一旦預かりになってしまった。

知り合いは言葉もできないので、翌日に私が一緒に荷物を引き取りにいく。

税関:荷物を引き出すには税金を支払う必要があります。
私:税金はいくらで、手続き時間はどのくらいなのですか?
税関:税額5000バーツ、手続きには1週間です。

私もっと短くならないのか?

税関:お得なコースがあります。
私:というと?
税関:この賄賂コースでは、賄賂3000バーツ払う必要がありますが税額が1000バーツになるので1000バーツのお得です。
    しかも、手続きは迅速! 今日荷物をお持ち帰りいただけます。


税関でもシステマティックな賄賂システムがタイではできあがっています。


-------------------------------

日本で働いているときに、営業さんと一緒にシステムの売り込みにいくことがありました。

ある時、某私立大学向けのコンピューターシステムの商談で、その大学の教授から、

「見返りの要求」を示唆されました。

担当営業さんはそのような経験がないようで、私は単に技術的な説明で同行しているだけなので、
何も発言することができません。結局持ち帰って社内で検討することになったのですが、、、、、

帰社後、部長に相談したところ、

「見返りを要求するような大学は、こっちから出入り禁止だ!!!」

と即答!!!


ほっとした記憶があります。


-------------------------------

途上国にいると賄賂を払わないと仕事がすすまないことがよくあります。

かといって、賄賂を支払うのは、

とうぜんダメ!!!


もちろん、私だって、手土産をもっていったり、(個人のお金で)公務員を食事にさそったり、
そうやってコネクションはそうやって作ってきた。

しかし、賄賂とは別!
決して賄賂は払わないし、払うべきではないのだと思いますが、、、、


2020年東京オリンピック招致にからみ不透明なお金の動きがあった。
と、イギリスの有力紙「ガーディアン」が報じました。
2020年の東京オリンピック招致を巡り、招致委員会側が関係者の口座に130万ユーロ(約1億6000万円)を支払った疑惑があるとのことです。

東京オリンピック招致に買収疑惑 高まる報道不信 名指しされたJOC、電通の反応は?
BuzzFeed日本版より

それが事実だとすれば、日本人としてとても残念なことですし、現場で賄賂を要求されても「日本は賄賂をださない」と頑張っている人達を愚弄するようなことです。


招致委員会は、即座に、
・そんな事実はあり得ない
事を証明して欲しいと思います。


ところが東京オリンピックの組織員会の見解は、

2016年5月12日東京2020大会
5月11日付(現地)英ガーディアン紙の報道について、下記のとおりコメントいたします。

招致プロセスは招致委員会が取り組んだものであり、東京2020組織委員会自体はこれに関与しておりません。今回の報道の内容について、組織委員会の理解とは全く異なるものであり、東京は、IOCにベストな提案をした結果として、招致を獲得したものと確信しています。

https://m.tokyo2020.jp/jp/news/notice/20160512-01.html

・招致委員会と組織員会は別もので関係ない。
・賄賂が贈られた認識はしておらず、賄賂は関係なく結果がきまったと『確信』しています。

ということです。
いやあ、いいですよ。確信してもらって。
でも、「自分が確信しているからあなたも確信してください」って無理でしょう。


さすがに、これでは逃げ切れないと見たか、今度は、

コンサル料として、「正式な業務契約に基づく対価支払いを行なったものである」

とのこと。


と。一応私も一応業種的にはコンサルタントの末席を汚す立場だけど、

世の中には「怪しげなコンサル会社」がいくらでもある、という方が日本人の常識だとおもう。


「正式な業務契約に基づく対価支払いを行なったものである」

なんて第三者が確認すればはっきりする。


それをなぜしない?

すでに監査会社が確認したって? 東芝事件を監査会社が見抜いていたのでしょうか?
オリンパスの不正を監査会社が見抜いていたのでしょうか?


疑惑がある以上、たとえば第三者を含む調査委員会を設置して「徹底的に調査します」って答えを期待するのはおかしいですか?




今ここで東京オリンピックがふっとんだら困る人が沢山いますよね。

だから、報道も及び腰だし。
だから上のBuzzFeed日本版でも書かれているように、ソースのガーディアンでは「電通」と明記されているのに、日本の報道では書かれていない。 火をなんとか消すように様々な動きがあるのではと疑ってしまいます。


提案:

・疑惑を徹底的に調査して誰もが納得できるよう白を証明しよう

・もし、万が一「黒だと判明」したなら、東京オリンピックは辞退しよう

・辞退しているのにもかかわらず、
「どうしても東京でやってくれ」と言われるなら、そのときに検討しよう









[ 2016/05/14 19:28 ] その他:その他 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。