こんな手があった! 定点観測:バンコクのクリスマスツリー2016

2006年から毎年レポートしている定点観測:バンコクのクリスマスツリー もとうとう11年目になりました。


爆弾事件の時も、クーデターの時も、バンコクシャットダウンのときも、大洪水のときも、、、、

バンコクのクリスマスツリーは健在でした。

でも、今年は違う! 


国王の崩御があったのに、

クリスマスを祝ってよいのか????

という大問題があります。


IMG_2087_R.jpg
デパートの婦人服売り場。 様々なデザインの服が売られていますが、、、、ほぼ黒と白の色使いです。


いつもは、11月下旬にはどこもクリスマスツリーが完成しているのですが、
今年はなかなか進みませんねえ。
多分、いろいろ空気を読みながらやっているのでしょう。

でも、12月にはいり、やっと方針が見えてきたようです。



IMG_2059_R_20161204195158368.jpg
セントラルワールドのクリスマスツリーは世界最大級のクリスマスツリーが設置され、毎年多くの人たちで賑わいます。
まさに、クリスマスのランドマークともいえます。国王が亡くなった今年もクリスマスツリーが設置されるのか、それとも自粛か? 
ワクワクしていましたが、、、、、さんざん遅れたあげく、ついにクリスマスツリーができました。

いかにもタイらしい方向でのクリアです。

つまり、「小さなツリー」を二本設置。
「白色」ツリーで喪に服している感をだしながらも、珍しい「二本ツリー」でランドマークとしてのユニーク感をだしている。

この、タイ人的バランス感覚は天才的ですね。


IMG_2043_R.jpg
アマリンプラザはまだ途中。どうやら去年パターンを少し手を抜いた感じで行うようです。
こちらはだんだん手を抜いていましたが、喪に服すというより、ちょっとずつ質素にするのは規定路線でしょうか。


IMG_2037_R.jpg
旧ペニンシュラプラザ、去年から名前が変わってゴールデンプレースです。
かっては、タイを代表するクリスマスポイントだったのですが、だんだん地味になっていき、今年はついになにもなしです。


IMG_2034_R.jpg
ずっと、変わらない「安定の」フォーシーズンホテル。台座は喪に服したバージョンですが、ツリーは11年間全く同じです。


IMG_2047_R.jpg
その反面、インターコンチネンタルには何もありませんねえ。


IMG_2052_R.jpg
ゲイソンプラザは、白黒の地味な(スタイリッシュな)ツリーです。


IMG_2061_R.jpg
THE MALLグループのパラゴンはツリーどころが装飾も全くありませんねえ。


IMG_2061_R.jpg
やはりTHE MALLグループのエムカルチア(新エンポリアム)もありません。 THE MALLグループは自粛ときめたのでしょうか。
ちなみに、エムカルティアの完成により、エンポリウムは去年から外ツリーはなくなっているのですが、今年は中にもありません。



なお、取材日は12月4日。これからまだ何か変更がでる可能性もありますね。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する