携帯電話料金のクレッジトカード払いは危険! その理由は?、、、




このような恐ろしいことを知っていましたか?



2015年3月11日追記しました。


ソフトバンクに、
「下記ブログにやりとりを書きました。事実関係に間違いがあれば指摘ください」
と問い合わせをしたところ、
「弊社ではブログを読むことができません」
とのことでした。 
クレジット会社と (オンラインではなく) 『オフライン』で連絡する会社ですから(詳細はブログ記事参照)
反応は予想の範囲内ですが、
せめて、「読みたくありません」と言ってもらえる方が潔かったのにと思ったりします。


--------------ここから本文-------------


今年のお正月に家族とミャンマーにのグェンサウンビーチに旅行に行った。
張りこんでEskala Hotels & Resortsという高級リゾート(1泊180ドル)を予約した。


あけおめ2015:ミャンマー編(ゴールデン ロック & グエサウン ビーチ)


チェックインしようとすると、
「ちょっと待ってくれ」
しばらく待っていると、
「あなたの予約は見当たらない」
とのこと。
「そんなことはない。ホテルのウェブサイトから申し込んだ」
と主張しても「予約がない」との一点張り。しょうがないので、
「マネージャーを出せ!」 ← クレームの王道!

他の客が隣でチェックインしている。
ウェルカムドリングもでてきているのに、
うちには出てこない。 ← 客扱いされていない

やっと、出てきたマネージャーは、
「あなたは偽のウェブサイトで申し込んだんだ」
「(印刷した受付記録を見せると)そんなものは、いくらでも偽造できる」
「私はホテル業界の経験が長い。あなたのように騙された人をよく見てきた」
「あなたが他のホテルの空き部屋を探せるように、親切に手伝ってあげる」

なにっ!!!
単なるオーバーブッキングならしょうがないが、
この「相手が悪いとの決め付け」「上から目線」の対応で怒りがこみ上げてきた。

そのホテルにあったパソコンでインタネット画面をみせ、
そこから予約画面にはいることを見せて、予約をしてみせた。

その段階で、やっと問題に気づいたようで、しばらく調べたのち、
それでも謝罪はなく、
「手違いがあったようだ」
「他の同等ホテルを手配する。お詫びにディナーを用意する」
(多分殆どの人はAGODAなどのインターネット予約サービスから予約を申し込むのだろう。ホテル直接の予約は申し込まないので、チェックもしていないのだと思う。確かにホテル直接の予約画面は、怪しげで使いにくい。)

ウェルカムドリンクもでてきた。
やっと「客扱い」がはじまった。


ミャンマーはまだまだ途上国だと思う事件でした。


予約が確認できなかった最初の段階で、
・ウェルカムドリンクくらいちゃんと出して
・(事実関係を確認するまでは)自分たちに落ち度がある『かも』しれないことを前提に対応する

それであれば、私はこんな嫌な気分にならなかったのに! 



ミャンマー! もっと頑張れ!!!!



前置きはこのくらいで、、、、、、、





もっと仰天の事件が、日本で!!!!


私は、ソフトバンクの日本の携帯を持っている。

#日本に一時帰国したときに携帯電話を持っていないととても不便。
 月々千円チョットの基本料金なので海外にいても持ち続けているのです。

当然ながら利用していない。電源は切ったままで鍵のかかるロッカーにいれてある。

ところが、先日タマタマ、ソフトバンクのホームページにアクセスすると通話をミャンマーで利用していることになっている。

あわててソフトバンクに連絡しようとしたが、ソフトバンクのウェブサイトをみても連絡先がなかなか見つけられない。
やっと問い合わせ先、電話番号を見つけたがフリーダイヤルだけで、海外から電話がつながらない。
しょうがないから、お問い合わせフォームで連絡をする。
(http://www.softbank.jp/mobile/support/contact/email/)

「不正利用がなされている、至急対応して欲しい」と書いたにもかかわらず、


回答は、

「ご請求内容の詳細をお調べしたうえでのご案内を控えさせていただいております。」
「ご意向に沿うご案内とならず、大変申し訳ございませんが、」

と何の回答にもなっていない。

あらためて、メール。
「利用していないはずの利用があることになっている」
「(海外から電話できる)電話番号を教えて欲しい)」 
「それが無理であれば、私の電話(電話番号を記入済)に連絡欲しい」


そうしたら、しばらくして、
「電話をするので電話番号を教えて欲しい」 ←前のメールに書いただろ!
とのメールがある。わざと、イライラさせているのだろうか?
それとも問い合わせを諦めるのを待っている?

(どんなにトラブルがあっても、ソフトバンクは全く困らないシステムになっていることを後で思い知るが、
この時点では、「対応が悪いな」程度の認識でした)

再度メールで連絡すると、
「受け付けたので、2,3日以内に連絡する」
とのこと。

「不正利用の可能性があるので至急」
と再度メールをするも、

「他部署から電話をするので時間がかかりますお待ちください」
   ↑
なぜ、他部署に連絡するのに2、3日もかかるんだよ!?

とのこと。

しょうがないので、待ちました。


やっと、ソフトバンクモバイルカスタマーケアセンターから連絡があったのだが、

ソフトバンク:間違いなくお客様が携帯を使っています ← なぜ言い切れるのか?
私:使ったことはありえない
  使っていると主張するのであれば通話の詳細を示してくれ

ソフトバンク:調査するので1週間ほど時間がかかる。
私:了解


その後、調査結果がでたということで連絡があった


ソフトバンク:間違いなく通話がされているのが確認されました。
       電源がはいっていたは、○月○日何時何分から○月○日何時何分
       通話1回目は、○月○日何時何分から○月○日何時何分
       通話2回目は、○月○日何時何分から○月○日何時何分
       通話先は、xx-xxxxxxxおよびxx-xxxxxxです。
       他に、SMSと意味のない番号への発信のトライがある。

私:それはありえない。
(その後、私が急用ができたので)
私:5分後に電話をくさい。


その後、ミスコールが1回はいったのみで、再度の連絡なし。


再度上記のメールでの連絡をして、同じように、再度電話番号の確認のメールがあって、
2、3日かかるという連絡があって、、、、、、、


やっと連絡があった。
(前回の問い合わせ番号をリファーして問い合わせたのですが、、、、、、)


その間に、ソフトバンクのウェブサイトを見ると、その間にさらに使われたことになっている。そのため、ウェブサイトから携帯電話の使用停止に設定した。


私:ウェブサイトを見るとさらに使われたことになっている。
ソフトバンク:間違いなく使われています。
私:じゃあ、次に日本に帰ったときに、携帯電話をソフトバンクに持ち込むので、
  そちらで徹底的に調べてもらえませんか?

ソフトバンク:その必要はありません。
私:通話の詳細を教えて欲しい。
ソフトバンク:それはできません。
私:前回教えてもらっている途中であったが。今回はなぜ教えてもらえないのか?
ソフトバンク:前回の対応者に確認します。

後日連絡があって、


ソフトバンク:前回対応者に確認したところ、お知らせしたとの確認がとれましたので、ご希望であればお知らせします。1週間ほど時間をいただきます。
私:お願いします。

1週間後、

ソフトバンク:間違いなく利用されていることが確認できました。
私:そんなことはありえません。
ソフトバンク:納得いかないのであれば警察に届けるのをお勧めします。
私:それは日本の警察ですか? ミャンマーの警察ですか?
ソフトバンク:お客様の判断におまかせします。
私:今ミャンマにいるので、日本の警察に物理的に届けられません。
  ミャンマーの警察に届けた場合に、警察がソフトバンクに問い合わせをすると思うのですが、ソフトバンクのどこに問い合わせれば良いのですか?

ソフトバンク:当社で警察窓口がありますが、警察がご存知です。お客様には案内していません。
私:ミャンマーの警察が、ソフトバンクの警察窓口を知っているのですか?
ソフトバンク:(明確な回答なし)

私:では、通話がされたとする時間は?
ソフトバンク:電源がはいっていたのは何時から何時までです。
私:前回は分単位で教えてもらいましたが、今回も分単位で教えていただけませんか。
ソフトバンク:前回も分単位ではお伝えしていません。
(じゃあ、前回は幻覚だったのか???)

私:では、かけたとされる電話番号詳細を教えてください。
ソフトバンク:数が多いのでご自宅に送付します。
私:警察に届けるのに詳細な情報が必要です。当面自宅に帰らないので電話で教えてください。前回は教えてくれたでしょう。
ソフトバンク:お客様が希望であればご自宅に送付します。
(話がかみわない)




以上がやりとりの概要です。 まず、

・ホームページで問い合わせ先を探すのは難しい。
(問い合わせを受けたくないのかと勘ぐってしまう)

こちらから電話連絡すると言っても、それは受け付けていない。
先方からの電話を待つしかない。

(問い合わせを受けたくないのかと勘ぐってしまう)


・問い合わせたら、すでに連絡しているにもかかわらず、毎回電話番号の確認メールがあり、その往復に1日かかったりする。
(問い合わせを受けたくないのかと勘ぐってしまう)

・(ソフトバンクによれば)犯罪の可能性があるのに、折り返し電話がくるのに2、3日かかる
(問い合わせを受けたくないのかと勘ぐってしまう)

これが社内の連絡が悪いボロ会社であれば、そんなこともあるでしょう。
ソフトバンクがそんなボロ会社とは知らなかった(笑)
(問い合わせを受けたくないのかと勘ぐってしまう)


まあ、ここまではよい、
しかし、

「自社が間違っていない!」との前提で話をしてくる。
それに異義を唱えても、携帯電話を持ち込むので確認して欲しいといっても、
一方的に、「ソフトバンクは間違いない。」という姿勢



ミャンマーのホテルと同じレベルだった!!!



わかりますよ。
殆どのこういうクレームでは、客の勘違いとか、家族の誰かが使ったとか、
そんなケースが99%以上でしょう。きっと。
でも、客の間違いを前提とする対応って、どうなんでしょう?


でも、ミャンマーでは、そもそも繋がらないことありの、混線有りの、、、、、、
本当にソフトバンクが自信をもって言える根拠ってなんなのでしょうね。




さらに、驚愕の事実が、、、、、、、、

ソフトバンクが、強気ででれる理由がわかりました。



携帯をクレジットカード払いにしているので、
ソフトバンクからの請求を止めようと思った。

私:ソフトバンクからの請求への支払いを止めたいのですが
カード会社:特定の会社への支払いを止めることはできません
私:じゃあ、カードを紛失しますので、一旦無効にして新しい番号で再発行ください
カード会社:カード会社とソフトバンクとの契約で、新しい番号を伝えることになっています。
私:なぜ私に勝手に新しい番号を通知するのですか?
カード会社:規約で「当社が適当と認めた場合は通知する」となっています。
私:では、カードを解約したい。
カード会社:解約した場合、店で購入するなど新規に使えませんが、カード会社とソフトバンクの契約は有効なので、ソフトバンクの請求に従い支払い、その金額をお客様に請求することになっています。
私:(おそるおそる)そんなことができるということは、規約に書かれているのですよねぇ、、、、
カード会社:はい
私:じゃあ、うかがいますが、カード限度額を超えてソフトバンクから請求があった場合はどうなるのですか?
カード会社:限度額に関係なく、いくらであってもソフトバンクから請求があるかぎり支払います。
私:じゃあ、限度額の意味がないでしょう!
カード会社:限度額はオンラインのときのみ有効です。ソフトバンクからオフラインで請求があるので、限度額は確認できません。
私:それも規約にあるのですよねぇ???
カード会社:はい!

ユーザーを完全にカタにはめる巧妙な仕組みがあった。

ソフトバンクとカード会社が「オフラインで繋がれていて、そのため限度額は関係ない」って誰が知っているんだ????
ソフトバンクが一方的にいくら請求しても、カードを止めても解約しても、カード会社は絶対にソフトバンクにはらう。そして、カード会社はユーザーに請求する。
ソフトバンクは絶対に料金を取りはぐれない仕組みになっていた。


どうしても支払いから逃げられない仕組みがあった。
クレジットカード払いって、ポイントに目が眩みがちだけど、
気をつけよう!!




[3月8日追記]
コメントありがとうございます。

メーンカムさん
タイでも携帯電話の有料サービスへ勝手に加入させて
プリペイドのお金を吸い取る携帯電話会社がありますが
日本はその上をやってますね。
信頼出来ない会社とは契約しない等
自衛が必要ですね。

そうですね。気がつかない間に有料サービスにはいってしまった人を私も知っています。
でも、それは日本もあまり変わらない気も。(巧妙にわかりにくく、本人が明確に意識しない間に有料サービスにはいっていることってありそうな気がします)

流浪の民さん
この手の話はなぜかメディアに載らないので、大変勉強になりました。
auからソフトバンクに乗り換えようかと考えていた矢先です。ありがとうございました。
ラングーンと呼ばれていた時代に立ち寄った事がありますが、町中が木に覆われていてパゴダがやたらと多い町という印象しか残っていません。随分変ったのでしょうね。
そうですね。私は比較的情報は集める方だと思いますが、今回は本当に驚きました。
メディアは、このような危険をもっと伝えて欲しい。


名無しさん
これぞクレーマーというお手本の様な内容で大変勉強になります。
 これがクレーマーなんですか?
ソフトバンクからクレーマー扱いされたのですかねえ?
こうやって、ブログやFBに書くことはクレーマーっぽいのかもしれない。
但し、当然ながらソフトバンクには通知です。(笑)
引用も最低限に抑えて気をつけて書いているつもりです。


Pichiさん
で、肝心の不正利用はあったのかどうかが気になります。。。
とっても気になります。
私は「絶対に私の携帯電話は使われていない」、ソフトバンクは「使われている」と主張がへだたっています。
だから、私は「調査に全面的に協力します。徹底的に調査しましょう」と主張しているのですが、ソフトバンクは
「調査の結果利用が確認できました。料金は請求します」との姿勢です。


???さん
カード止まったら、ソフトバンクから支払われなかったって連絡きたけど…
どこのカードだろ?
カード会社によって違うのだろうか? 「ソフトバンクとカード会社の契約に基いて」と言っていたので、カード会社によって変わるのかもしれない。ちなみに私のカードは三井住友カードです。


KWさん
ソフトバンクとクレジット会社の問題の件ですが、差支えなければカード会社名をお教えいただけませんでしょうか。
身内に話しても、どこの会社かわからなければ信用できない、と尤もなことを指摘されまして。
よろしくお願いいたします。
→三井住友カードです。 すべての会社がそうなのか、それとも三井住友カードだけがそうなのかわかりません。
 ちなみに、そのカードはもう20年保有しており、かつ年間100万円程度利用しているので、それなりの信用があり大事にされるのかと思っていました。 (が、それが錯覚であることを思い知りました。)

晶さん
要するに!!
ソフトバンクが使えねぇ~♪って事ですネ!!
→う~ん、そこまで単純化すると、正しいといえるのだろうか?


名無しさん
まだそんな事やってんだ
***の会社と契約するのが悪いとしか言いようがないですね
以前iphone4を契約した時に付けられたオプションが使えない(登録しなくちゃいけないのに、その登録ページが存在しない&その会社が存在してない)からどうなっているのか確認した時に、ソフトバンクではオプションの会社に与信すらしてませんってハッキリ言ってきたくらいですよ
会社としては詐欺だろうがなんだろうが契約させたら勝ちと思っているのでしょう
日本人とは違う価値観だから契約しないという防衛策しかないんですよね
→消費者が十分な情報を持ったうえで自己責任で選択するのであれば、問題はあまりないのだと思いますが、今回のケースでは、一方的であり、調査結果なるものも一方的に通知するというところが問題だと思います。
ソフトバンクとしても儲けるためには、いちいち様々な(中にはクレーマーも含む)問い合わせをサッサと処理しなければいけないのでしょうね。なお、差別用語があったので、「***」と伏せ字にさせていただきました。

MKさん
FBから流れて来ました。
確かにSBはえげつないことする会社ですが、発信内容までは偽造できないと思うのです。
ひょっとしてですけど、ミャンマーにいる間に携帯のSIMを抜かれて別の人に使われている可能性はないですか?
1度お使いの携帯を調べて見ることをオススメします。
もしくはしばらく誰かに携帯を預けたことがあったとか。
技術的に可能かどうかはわかりませんがSIMをコピーして偽造、なんてことができるとしたら、抜いてコピーして元の携帯に戻してるなんてことも。。。?
→信用のできる日本人が日本に行く時に貸したことがあります。状況的にはそのときコピーされたなど極めて考えにくいですが、一方で、「(それも含めて)私は調査に協力する」と言っているのに、その必要はないと言い、一方的に料金をとっていく、そこに一番の問題があると私は思います。

名無しさん
不正利用お気の毒でしたね。ソフトバンクの対応への怒りの気持ちとてもよくわかります。
一方で、カード会社に対しては完全に99%にあたる顧客の誤解によるクレームになってますよ。請求とカード決済の仕組みを1度学んだ方が精神衛生上も不要な怒りを持たずよいと思います。
→今回のケースに関して、カード会社に対してのクレームはありません。規約にあるのであればしょうがない。
 一方で、こんな恐ろしい規約であることを広く知ってほしいというのも、このブログ記事を書いた理由のひとつです。



たろうさん
USIMをコピーされたか、現地の通信会社のシステムがおかしいのか。。。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1502/24/news104.html
http://wirelesswire.jp/Watching_World/201502201112.html
ソフトバンクの過剰請求は日常モードです。
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-163.html
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/phs/1298997012/

→いったい何が問題なのかわかりません。少なくとも何らかのトラブルが発生しているのですが、
 一方でソフトバンクは、一方的に「自分が正しい」と主張していることが納得していません。
「調査をするのであれば協力します」とこちらは言っているのですが、その必要はないそうです。




ここからはFBのコメントです

YHさん
やっぱり、ソフトバンクって怖いですね
前にドコモをクレジットから現金払いに換えたあと、何度も払い忘れましたが付け替えなかったです。 儲かってる会社と、儲かってない違い 今度全部AUに買えますが・・・
ソフトバンクだけが怖いのかどうかはわかりませんが、今回のコメントだけから判断すると、ドコモが一番良いのでしょうか?


KSさん
ソフトバンクに限らず、問合せ(企業から見ればクレーム)や解約の窓口は分かり難いことが多いですよね。こんな事例はソフトバンクだけではないような気がします。顧客よりも利益を共有しているパートナー企業を大事にするということですかね? しかし、一旦クレジット払いにした契約を解除できない?  とは怖い!\(◎o◎)/!

それが、ソフトバンクのような社会的影響が大きい会社で発生することが驚きですね。
クレジットカード払いにした契約は、クレジットカード会社を解約しても解約できない。
(ソフトバンクを解約する必要がある)ということです。

お金を支払いさえしなけえれば、ソフトバンクから訴えられてもよい(むしろ、それを望む)と思っていましたが、お金が支払われてしまえば、こちらから返金の裁判を起こさなければなりません。
クレジットカード払いにしているかぎり、どうあがいてもソフトバンクに支払われる仕組みに驚きました。



MTさん
なぜ、そんな現象が発生するかの方が、すごく気になります、技術者の端くれとしては。
ソフトバンも、まさか不正請求で儲けようとは思って無いでしょう。現象面から推察すると利用実績を収集する側のシステムにバグがあるような感じします。ミャンマーでのソフトバンク利用者が同じ現象に遭遇している可能性がありますね。
日本のご自宅の地域を担当している国民消費者センターにトラブルを報告し、(0)自分が信用人間であること(身分がしっかりしている&技術知識がある)、(1)消費者保護の観点からソフトバンクの調査が不充分であること、(2)仮に課金システムの問題なら多くの消費者が被害を受けている可能性があること、を伝え、行政から指導してもらうにはどうすれば良いか相談してはどうでしょう。

ミャンマー国内からミャンマー国内への通話ですから、ソフトバンクの調査でどれほどきちんと調査ができているのか、技術的にはわかりませんが疑問を感じます。 当初はある程度詳細な情報を教えてくれていたのに、途中から詳細な情報を出してくれなくなったのも疑問です。

> ミャンマーでのソフトバンク利用者が同じ現象に遭遇している可能性がありますね。

にもかからわず、ソフトバンクが強気一辺倒な点がわかりません。
多分、「ソフトバンクの請求は絶対に間違っていない」と対応する方針ではないかと思います。一件でもミスを認めたら、多くの問い合わせへの対応が大変ですから。
ちなみに、実は国民消費者センターにも電話をしましたが、携帯電話の課金に関してはクレームは無理とのことでした。

こうやって、クレームがあっても諦めている人って結構多いのだと思います。

MTさん
なるほど、問題の所在もみ消そうとしている印象持ちますね、その対応だと。
ミャンマー間の通話でも一旦、日本を経由していて、そこで課金しているのだと思っていました(根拠はありません)。
ミャンマーのローミング先で折り返して通話しているのだとすると、課金情報をローミング先からもらっていることになりますね。うーむ。
私の(根拠のない)推測としては、ローミングしているミャンマー側で間違っているのではないかと思っています。不通混線いっぱいあるミャンマーの携帯電話を信用はできない気がします。


HYさん
以前、Y!BBの回線を海岸の部屋にひこうとしたとき、「普段は住んでないので、工事立ち会いの連絡はこちらに」としてたのに、勝手に工事日決めて出向いてた。当然留守なのに、文句言われた。そのレベルですから。
工事する会社はソフトバンクでなく契約会社なのだとは思いますが、会社の体質があらわれるのかもしれませんね。



INさん
うーむ。松坂を応援するのも嫌になってきた。
実は私は昔は野球もソフトバンクファンでした。
でも、「金に汚い」印象が強くなり、10年くらい前から嫌いになりました。
楽天がプロ野球に参入するのも反対したのはソフトバンクです。
そういう体質ももしかしたら繋がっているのかも?


BYさん
こわっ…
前にD社と、グアテマラ&ペルーでもめたあの日を思い出しました
何が怖かったのかはわかりませんが、携帯電話料金は情報の非対称性がむちゃくちゃ強いですね。


KSさん
これは怖いです。私もこの方と同じように日本の携帯電話を一時停止中なのでとても気になります。
→少なくともソフトバンクは、「一時停止中は課金されない」と言っていました。


HSさん
スゴい話ですねぇ〜((((;゚Д゚))))))) 消費者保護って視点のまるで欠けた業者同士の契約って、法律的に欠陥だと思うんだけどなぁ。
そこはプロの弁護士を含めて問題ないように巧妙な仕組みになっているのですね。
本当に恐ろしいことです。


TMさん
さすが損だフォン(孫だフォン?)
座布団 1枚!


NOさん
これは本当なんでしょうか?
ちょっと残念ですね。
自信を持って、本当です!!!!

MOさん
恐るべし、ソ○トバンク…

YNさん
の内容が真実なら、ソフトバンクは使うべきではないですね。
こんな不気味な契約になっていたとは。
真実です。
でも、他の会社もおなじかも、、、、、、

NHさん
AUは、もっとひどかった
どうひどかったのですか?


TKさん
ようは、日本の携帯会社は国際化に対応してない!今でもガラパゴス!海外のモバイル会社が参加すると、料金が一気に下がる。だから、国会議員に献金して孤軍奮闘する。
確かに日本の携帯電話料金って高いですね。
タイやミャンマーなど機材は全部輸入しているのに、なぜ安くできているのだろう?
それ以上に個人的に嫌なのは、キャンペーンと称して複雑怪奇な契約にしていることです。
日本に一時来日する外国人など大変ですね。


KKさん
これが本当ならSoftBankって酷い会社ですね。
悪徳としか言いようがない。
今のうちに解約しようかと思ってしまう。
本当です。

YNさん
私はずっとdocomoですがソフトバンクには絶対関わらないつもりです。


TTさん
ソフトバンク無くても全然困らないしね。

TNさん
いつまで経っても長く使っている顧客を大切にしない大手キャリアは、2年毎に移動するのが良さそうですね。
それが、弱い消費者としての最大の抵抗ですね。
しかし、長く使うと損をして、そんなことをしなければならない仕組みって、やっぱり日本は変!



KTさん
流石SoftBank。
あの市長のスポンサーなだけありますね
すいません。意味がわかりません。
どの市長?


SNさん
凄まじいですね……。わたしはキャリア契約ではないですが(名前ど忘れ.....SIMフリーの端末で使うアレです)そっちの方が良いかも知れないですね……

MYさん
貴重な情報ありがとうございます。
海外研修が終わったらクレジット払をやめます。

SSさん
鍵の鍵書かるロッカーに…って、まさかホテルのロッカーじゃありませんよね?
ホテルのロッカーは、例え鍵が掛かっても使っちゃダメです。鍵なんて、あてにならない。
もし、旅行先に持って行くなら、貴重品は全て自分のスーツケースに入れて鍵を掛けておく。
そのほうが安全です。
自己管理可能な部分は、限りなく自分で管理できるようにした方がいいですよ。
→私の職場のロッカーです。部屋の入口には二重に鍵がかかっています。
 というか、電話をしたという時間には私は職場にいるのですが、、、、、、

KKさん
最悪の対応の会社ですね。
無制限に請求できる巧妙な仕組みにも唖然とします。
「無制限に請求できる巧妙な仕組み」には本当に驚きです。

CBさん
いつも、長い文章を読むのが苦手ですが。。全てを読んでしまいました。色々大変でしたね。SB確かにひどいです。電気屋さんに入っているSBのスタッフもみんな対応が悪い。契約台数を増やすため、10-15分間で契約を進めて電話更新の時も無料option などをくれて解約する時は大変な請求に!質問しても、何にか知りたい事あれば157に連絡して下さいとか。。本当に不親切で。7年間使って、SBを止めた。





[ 2015/03/10 23:57 ] その他:その他 | TB(0) | CM(13)

最強デジカメ

私の現在の愛用のデジカメはソニーの Cyber Shot DSC-WX5
(他に一眼レフも持っています、、、、がめったに使いません)

黒のデジカメ、電子辞書、ノート、名刺入れで書いたように、キヤノンのPowerShot S95との比較で悩んでうえで結局ソニーを買いました。

コンパクトなサイズ、
その割にきれいに撮れる、
特に、
背面照射型CMOS画像センサーの威力で、暗いところで威力を発揮する。
大満足でつかっていました。

私のポケットには、常にこのデジカメがはいっています。

タイでの修理シリーズ:デジカメの修理 で紹介したように修理をしたりしましたが、ついに動きがおかしくなってきた。 ポケットに入れて、あまりにも荒っぽく使いすぎたか?


そして、今回購入したのキヤノンのPowerShot S120


DSC01950_R.jpg

以前に購入した、時にライバルとして検討したS95から
S100 → S110 → S120とパワーアップしてきました。



特にこのS120で完全に完成した感じです。完全無欠のコンパクトデジカメです。


明るいレンズ(f1.8)
広角(24mm)
マニュアル撮影可

完璧な機能をコンパクトなサイズで実現です。


そして、購入にむけて最後に私の背中を押したのが、、、、

ソニーの背面照射型CMOSセンサーの採用。




S110まではキヤノン自社製センサーだったのですが、S120でソニー製を採用したようです。


Cyber Shotでソニーの威力を気に入っていたので。
キヤノンのカメラとソニーのセンターで正に最強の組み合わせ。



で、画像品質ですが、大満足しています。

IMG_5690_R.jpg IMG_5703_R.jpg

IMG_5834_R.jpg IMG_5793_R.jpg

先週末のバーベキュー大会の写真です。 満足の画質です。
(腕が悪いのはどうしようもありません)

バンセンへのBBQのできるレストラン で紹介したレストランでBBQでした。


[ 2014/03/09 21:41 ] その他:その他 | TB(0) | CM(0)

あけおめ2013;お得な日本旅行

あけましておめでとうございます。

このブログをはじめて7回目のお正月です。


happyNewyear Nogeyama
横浜野毛山動物園の 手抜き 年賀状写真ポイントです。
入場料無料! なので、今回もチビを連れて行ってきました。


私は、お正月はタイで過ごすことが多かったのですが、
去年に続き日本でのお正月です。


ちなみに、ここ10年数年の私のお正月の過ごし方を記憶の限り纏めてみました。(備忘録)


1997年正月:バンコク
1998年正月:メーホンソン (タイ北部国民党の村MAE AW; 小ネタ付き
1999年正月:プーケット
2000年正月:スコタイ
2001年正月:ナーン (ナーン (Nan)
2002年正月:日本
2003年正月:カンチャナブリ(サンクラブリ カオレーム湖の無人島のリゾート
2004年正月:ターク (ティロスーの滝 作者の写真
2005年正月:プーケット(インド洋大津波ボランティア インド洋の大津波
2006年正月:日本
2007年正月:バンコク  (プタモントンで初詣 今年の初詣;プッタモントンの謎
2008年正月:日本
2009年正月:プーケット (タイの一押し!温泉宿
2010年正月:チェンライ (北への旅
2011年正月:スコタイ (あけおめ;お正月の旅行(スコタイ、シーサッチャナライ、カムペンペット、サワンカローク)
2012年正月:日本
2013年正月:日本

いやあ、こう書いてみると、
「いろんなところに行ったなあ」というよりは、
「タイと長くかかわっているなあ」
と思います。






日本に帰るときに深刻なのが日本の宿です。
今回は、基本的には家族の家や実家に泊まるので大きな問題はないのですが、
せっかくなので伊豆に2泊で旅行にも行ってきました。



まずは、足の確保から

日本のレンタカーは安くなりました。
日本旅行の準備1;ニコニコorスマイル レンタカー
で、長期ならスマイルレンタカー、短期ならニコニコレンタカー と書きましたが、

実は最近の私の愛用は、

「短期ならワンズレンタカー(http://www.ones-rent.com)」
ニコニコよりもさらに安い!

コミコミで1日3000円ほどで借りれます。

宿は、一泊目は、

ケイズハウス伊東 (http://kshouse.jp)
築百年の旅館を利用したゲストハウスです。
1人1泊2950円からでちゃんと温泉付きです。
(しかも、その温泉が結構すばらしいのでした)

DSC06209_R.jpg
入口に立つだけで期待感100% 中に入っても期待を裏切りません。



DSC06215_R.jpg
案内図は、昔ながらのものをそのまま使っています。 いやあ、萌えます。


より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示




2泊目は、
ゲストハウス桜峰荘(http://www4.tokai.or.jp/sakuramine/)です。
以前、日本旅行の準備3;日本のお得な宿  でチェックしていた場所。

1人1泊2500円ですが、寝具なしの子供は無料なので、家族3人で5000円でした。

DSC06243_R.jpg
親戚の家に行ったようなアットホームな雰囲気です。
山遊び、海遊びどっちもOKのロケーションです。
リピーターになりそう!


より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示





しかし、あらためて思いましたが、日本ってモノの値段が安いですねぇ。

思わず買い物に走ってしまいます。


DSC06157_R.jpg
HARD-OFFでの成果。ただでさえ安いのに、さらにセールで全品30%オフなので合計で4000円弱です。
全品新品または新品同様です。



DSC06156_R.jpg
その隣のBOOK-OFFです。すべて一冊105円の本で、さらにセールで20%引きです。
これ全部で1000円強!

ちなみに、読書ではなく時間つぶしの乱読用なので、必ずしも私の趣味の本ではありません。
(と、言い訳する)



いやあ、日本で買い物をするとタイでは買い物ができなくなる!
[ 2013/01/06 16:49 ] その他:その他 | TB(0) | CM(0)

バンコクのラサール高校

ラサール高校といえば、

ラサール石井で有名、、、、、、、なのか?


他のイメージは、


「頭の良いエリート候補が集まる学校」くらいしかない。



どんな英才教育をしているのかと思えば、


ラサール高校出身の友人は、

「別に変わったことはなにもありませんよ。 基本的には自分で勉強するのです。
 ただ、今どこを勉強しなければならぬかペースメーカーにはなりますね」

との発言。


いやあ、確かに私には確かにペースメーカーはなかった。
でも、そんなハイペースのペースメーカーがあったら、確実に落ちこぼれていたでしょう。



という、エリートに対する尊敬や畏怖などを書きたいのではありません。



先日、フィリピンにあるデラサール大学の先生とお会いしました。

(「デラサール大学」というのはフィリピンの超一流私大だそうです)


先生;日本にも「デラサール」の関係学校があるよ。

私;そうですか、、、残念ながら知らないなあ。

先生;九州と北海道に高校があります。

私;九州と北海道、、、って、ひょっとして「ラサール」?



そうなのです。

デラサールとはデ・ラサール(DE LASALLE)のことだったのです。


で、タイにもラサールがあるとの噂を聞きつけて、、、、、



行ってきました。

SALLE地図_R
BTSベーリン(BTS BEARING)近くに確かに、THANON LASSALE(ラサール道路)という道があります。




まずは、BTSで終点のベーリング駅まで、



DSC05316_R.jpg
最近できた駅のせいか、駅前に広大な敷地が広がります。
多分、これからコンドミニアムなどが立ち並ぶのでしょう。



DSC05321_R.jpg
確かにLASALLEという道がありました。(ラサール三叉路と名付けられています)





DSC05323_R.jpg
歩くとちょっと距離がありますが(バンコクのタイ人は絶対歩かないだろうなあ~)




DSC05326_R.jpg
2kmほどでデラサール学校につきました。


ノーアポですが、先生方に話を聞きました。(タイならではの突撃隊です)



ここは、幼稚園、小学校、中学校、高校を併設する学校とのことです。

ラサール学校が、タイには他に、ナコンサワンとチャンタブリにあるそうです。


卒業生は、チュラロンコン大学やタマサート大学に行く子もいるが、、、、

うちの生徒は、あまりチュラロンコン大学やタマサート大学が好きでない


とのことで、エベック大学やバンコク大学(いずれも授業料の高い私学)に行く学生が多いようです。


#しかし、「チュラやタマサートが好きではないから行かない」って、すごいポジティブな言い方だなあ。
 私も見習わなければ、、、、、


  
DSC05332_R.jpg
近くでは、コンドミニアムの建設ラッシュでした。


より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示
[ 2012/11/25 19:30 ] その他:その他 | TB(0) | CM(1)

うちの娘が写真集デビュー

以前のタイでの仕事内容を積極的にタイ人に広報しようと、
(でも、広報予算はない)



タイのテレビ局に営業をかけたことがあります。

日頃から撮りためた大量の映像や画像を整理して、
資料やロゴなどの素材と共に、


外付けハードディスク1台にまとめてコピーし、


そのハードディスクを持ってタイのテレビ局やプロダクションにに営業まわりをしました。


全く素人の私の営業だったのですが、結構各社が話を聞いてくれ、
ある程度反応が良い会社にはハードディスクを、そのまま置いてきたりしました。


で、ある日友人に言われました、

「昨日テレビに、出ていましたよ」

(しかも、結構長い時間、、、、私が出ていたのではなく、仕事がでていたのです、念のため)



へっ?????


そんな覚えは全くない、、、、、




調べていくと、某制作会社が、

『勝手に!』

私がおいて行ったハードディスクの映像を使って番組を作った!

ようです。



いや、営業活動が実って、嬉しいのですが、、、、、、


でも、テレビに載せる前に少しくらい教えてよ、、、、



#実は、もう1回テレビに出たのですが、、、、 
 もしかしたら、他にも私の知らないところで出ているかもしれない、、、、
 タイの著作権の感覚はやはり恐ろしい!

----------


このようなブログを書いていると、
たまにテレビ制作会社や雑誌社から連絡を受けることがあります。

その殆どは、

「ブログの写真を使わせて欲しい!」

との依頼。


写真1枚1枚確認するなんて、大変だなあと思います。


そもそも、ブログの冒頭に

「本ブログの記事のリンク、転載・引用は自由です。但し、転載・引用元(URLなど)を明記してください。」

と書いてあるのだから、勝手に使ってもらえればいいのに、、、、、


-------------


以前、

北への旅 1;竹細工のおもちゃの村


で、チェンライのメースワイ郡の住民が設立した「竹細工のオモチャの博物館」のことを書きましたが、

この写真を、

「制作中の本で使わせて欲しい」

との連絡が本の編集者の方からありました。


その後、何度かやりとりして、他の写真も送った結果、


DSC02070_R.jpg
こんな本が出版されました。
『竹細工 TAKE-ZAIKU』 文溪堂



DSC02071_R.jpg
うちの娘もしっかり載っています。



DSC02072_R.jpg
この博物館もしっかり紹介してもらっています。




ちなみに、この編集者の方は幅広い分野で活躍されている方で、
その後もやり取りをさせていただきます。
まさにうれしいブログつながりです。


この博物館の場所連絡先は、
北への旅 1;竹細工のおもちゃの村
 を参照してください。
[ 2012/04/02 08:04 ] その他:その他 | TB(0) | CM(0)