ソムタムの材料

ソムタム(ソムタム・ラオ)の材料は、青いパパイヤとは別に、沢ガニの塩漬けと小魚を発酵をさせたもの(プララー)。

写真を見たら、食欲が無くなるかも知れない。

が、(情報公開法で公開が義務づけられていた『かも』知れないので、;そんなアホな!)一挙公開します。

これを見て、ひくようであれば、正常!
よだれが出てくるようであれば、間違いなく、タイ・オタクです。

Pu_R.jpg
沢ガニの塩漬け


plala_R.jpg
プララー;小魚を発酵させたもの

PlaLaCambodia1_R.jpg
プララーの生産現場


タイを代表する料理といえば、

タイを代表する料理といえば、なんだろうか?
トムヤムクンという人はまだ修行が足りない。
タイスキという人は勉強不足。

誰が何といおうと「ソムタム」はタイを代表する料理である。

何故、断言できるかといえば、実は次のように科学的に証明されているのです。

理由その1;値段が安い 
 いくら旨くても、1皿100バーツもする料理は財布が心細くて料理を味わうことはできない。

理由その2;屋台で売っている
 いくら旨くても、高級料理店では、ウェイターに見下されているのではないかとびくびくして、料理を味わうどころではない。

理由その3;危険である
 旨い物には危険が伴うのは常識である。フグは毒があるかも知れぬと思うから旨い。ケーキは脂肪が身体に悪いのではないかと思うから旨い。ソムタムは、強烈な辛さの恐怖のみならず、不衛生でないかとか、塩漬け沢ガニがやばいんではないかとか、発酵生魚(プララー)がやばいんではないかとか危険はいっぱいである。

理由その4;自分(作者)の好物である
 これが、最大の理由である。自分の好物であるということは、客観的にいえば、タイの代表的な料理といえる。

理由その5;理由その5があった筈である。が、とても決定的であったと思うのであるが、いまはどうしても思い出せない。が、決定な理由であるのは間違いない。


なお、ここでいうソムタムとは、東北タイ(イサーン)で食されるソムタム・ラオまたはソムタム プララー(パラー)のことである。沢ガニやプララーのはいっていないバンコクのソムタム・タイは邪道である。(しかし、バンコクのタイ人は、ソムタム ラオが邪道というが、、、)


※ソムタムは、青パパイヤをレモンであえた東北タイ(イサーン)を代表する料理。
ソムタム・タイは砂糖と魚醤(ナムプラー)を加えて味をととのえ、干しエビをまぶす。
ソムタム・ラオ、またはソムタム・プララー(パラー)は、プララー(パラー)と呼ばれる小魚を発酵させたもので味付けし、塩漬けした沢カニが入れられる。(生の蟹には寄生虫(ジストマ)がいる場合があるので注意が必要) また、ソムタム・タイには干しエビが使われる。


SomtumLao_R.jpg
ソムタム・ラオ


SomtumLaoCloseUp_R.jpg
クローズアップ  生沢ガニの塩漬けが絡まっておいしそう!