スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「懐かしの小学校 ラブストーリー -本当の教育- 」 (キットゥン ウィタヤー)


タイの映画シリーズです。
タイの映画


タイではガバナンスと言うか、「法律・規則・規定に則って実施する」が苦手と思えることが多々あります。

タイで仕事をしていると、日本の本社から、

「こういうケースでは、タイではどう処理されるのか?」
と照会があることがあります。

そんなとき、

「やってみなければわかりません!」

と答えることが多いので、

きっと、

「こいつは、タイボケしている」

と思われているのではないかと思います。

法律や規定、規則によって処理されるというか、
「(前例をかんがみながら)担当者の恣意的に処理される」

ことが多いような気がします。


「だから、タイはいつまでたってもまだ発展途上国なんだ!」

という意見はあると思います。


でも、その担当者がその場で決めるというのも悪くないなあと思うことがあります。


実は、インド洋大津波が発生した直後にボランティアとしてプーケットに行きました。

「日本から緊急支援物資を送るので税関手続の事前調整をしてくれ」

という依頼があり、税関に行った。

私:このリストの物資が今日の航空便で到着する。免税通関したいのだが、、、、、
税関:この物資は救援物資だろ?
私:そうだ。
税関:ノープロブレム!

参考:インド洋の大津波

一方で、東日本大震災の際にタイからいろいろ支援が送られました。

参考:Pray for Japan 2 ;107815バーツ

タイからは、日本に医師を派遣しようとしたが日本側の制度の問題で派遣ができなかったとの噂を聞きました。 (あくまで噂ですが)
阪神淡路大震災の際も災害救助犬が検疫を通過できなかったとの噂をきいたことがあります。

あまりに硬直的な制度はどうなのかなあと思ったりもします。





ところで、私はタイで試験を受けて運転免許を取得しました。

筆記試験の際に、「どっちかなあ」と迷っていると、

試験官が、無言で一方を指さしました。
答えを教えてくれたのです。


日本とタイ;運転免許比較

で書いたように、免許証更新の際にうまく実技ができない女性に何度もチャンスを与えていたのもタイ人試験官です。


そういえば知人の会社の就職試験の際に、

試験時間に筆記試験が終わらなくて、

「時間を延長して、かつヒントを与えたりしたそうです」

その知人は、

「限られた時間にやる能力」よりも、「助言をもらいながらどうやって解決していくかの過程」
の方を試験でみたかったそうです。


ところが、チュラロンコン大卒の人事課職員が、

「フェアではない」

とクレームをつけてきたそうです。



確かに、「公平性」の観点からは、このチュラ大卒の社員が正しい!

いわゆるエリートタイ人と話をしていると、

自分は公平な競争に勝って一流大学を卒業したのです

ということに自信をもっている人が多いと思います。


それは、立派なことなのですが、

「だから自分は恵まれて当然」
との選民意識が強い人が多い気がします。


確かに試験そのものは公平だったかもしれませんが、

小中学校のころから勉強に専念できる環境で
塾に通って受験戦争を勝ち残ってきた子供と



人と、貧乏で働かざるを得なかった子供を



公平な試験で振り分けるのは公平といえるのでしょうか?


参考:チュラロンコン大学百景;学期休でサイアムスクェアは大賑わい





いかん イカン !!


変に熱くなりました。


本題にもどります。

タイ映画の話です。


คิดถึงวิทยา


「キットゥン・ウィッタヤ!(Teacher's Diary)」

田舎の小さな学校に赴任した若い2人の教師の物語、、、、

といえば、映画としてありがちですが、

弱さと強さをあわせ持つ「等身大のタイの若者の教師」が生き生き描かれています。


質の標準化された教育 
数値目標を取り入れた教育 
効率的な教育 

そういった教育は、平均値は上げるのかもしれないが、
田舎の貧しい生徒との格差はむしろ広げてしまうのではないか?

そういった痛烈な教育への批判は、教育勝ち組の一流大卒タイ人にも共感を与えているようですね。


ちなみに、監督は「フェーンチャン(僕の恋人)」や「Seasons Change」のニティワット監督。
フェーンチャンのような切ないエンディングになるのか、、、ドキドキさせながら最後に見せ場がきます。


ところで、キットゥン・ウィタヤはとても訳し方が難しい。
英文タイトルでは訳すのをあきらめてTeachers's Diaryとしています。

キットゥンは、恋しい・懐かしい・好き、、、そんな意味。
ウィッタヤは、学問とかそういう意味だが、学校の名前に使われているから「学校」の意味もある(と思う)。

#ちなみに、「ウィッタヤ」という名前のタイ人もいます。


私の超訳は「懐かしの小学校 ラブストーリー -本当の教育- 」です。

#すいません、なんの面白みもないタイトルでした。



この映画いろんなメッセージもあるのですが、

「服装や行動や言葉など、『形からはいる』」ことを意味のないこと」

とするメッセージも、「今までのタイ」とはちがいますね。


この映画いくつも伏線があるのですが、、、、


映画の最後に、主人公のアンとソーンが初めて会う一番感動的なシーンで、

「サワディーカップ(こんちにわ)」との

なんの変哲もない言葉にむしろ感激しました。








タイの映画シリーズはこちらをどうぞ!
タイの映画
[ 2014/04/13 22:38 ] タイの映画 | TB(0) | CM(3)

僕と一緒に朝食を食べないかい?

世の中の女性に聞きたい!


僕と一緒に朝食を食べないかい?



と男性が言ったら、、、、


おれは、どういう意味ですか?



IMG_0046 (1)_R

今人気絶頂のイケメン系俳優ジェームス(JAMS:Jirayu Tangsrisuk)が、


僕と一緒に朝食を食べないかい? 


、、、、、 セブンイレブンで!



との等身大広告看板です。


タイのセブンイレブンは、アジア最大の食品系チャルーンポカパン グループ(CPグループ)。
そんなことも関係してか、食事メニューにとっても力を入れている。


私なども、
セブンイレブンのライスバーガーはよく食べているし、
チュラロンコン百景:一押しのカレーライス
で紹介したカレーライスもお気に入り。

3日に1回以上はセブンイレブンで買って食事をしている。



で、「僕と一緒に朝食を食べないかい?」のコピーだが、


それって、「プロポーズの言葉」ではないか?!


イケメンのジェームスに、そう言われて「ドキッ」とする効果があるのかと思って、
タイ人独身女性何人かに聞いてみた!


でも、
「セブンイレブンで朝食を食べましょう!」
って意味でしょう!

というヒネリも何もない感想ばかり。


そういえば、タイ人は職場や学校で朝食を食べる人が多い!


「一緒に朝食を食べよう!」 
とは、別に特別な意味がないようです。



IMG_5597_R.jpg
ちなみに、本屋の前にもジェームス君がいました。










ところで、今話題の映画、「Timeline จดหมาย-ความทรงจำ(タイムライン 手紙-記憶)」という映画を見てきました。


kapook_world-512100.jpg








これほど話題のある映画も珍しい、

親と子供の愛と軋轢、亡くなった人への思いと記憶、バンコクと田舎がFBと手紙が重要なツールとして描かれていきます。
それでいて、重苦しさは全くなく、テンポよくラブコメ的に軽く描かれていきます。

自転車、イラスト、映画、、、など今どきのバンコクの若者的小道具もちりばめられて、


いい映画なんだろうけど、、、


テーマをつめこみすぎて描写が荒っぽいになっていない。
また伏線も多すぎ。ストーリー展開も少し乱暴だし。


そして、
「これは結局はきっとハッピーエンドになるのだろうな!」

と思い始めた矢先にまさかのストーリー展開!
(すいません、ネタバレになるので詳細は書きません)

が、やはりちょっと唐突感がある。


が、それでも実は結構おススメです。


ジェームス(JAMS:Jirayu Tangsrisuk)とトーイ(TOEY:Jarinporn Joonkiet)の今を時めく2人の掛け合いが絶妙に面白い。 
ジェームスもカッコいいだけではなく、いい味を出しているし。

トーイも可愛い健気な女の子を演じている。 
3年ほど前の「Dear Galileo」あたりは、まだ「可愛いのが取り柄の女の子」だったような気がするが、すっかり女優になった気がします。

(ちなみに、「Dear Galileo」はタイの女の子がアルバイトをしながらヨーロッパ旅行をして成長していくという映画です。私の中では結構おススメです)


ちなみに、トーイはタイ女性のオトコへのアタック方法;バンコク トラフィック ラブ ストーリー でも紹介しました。


ちなみに、この「タイムライン 手紙-記憶」は日本の唐津でのロケをしています。


タイ人の友人と一緒にこの映画をみたのだが、日本のシーンで、

タイ人:ここはどこだ?
私:う~ん、京都かな、、、いや京都じゃない、、、、、
タイ人:お前は日本のこともわからないのか? 本当に日本人か?


と馬鹿にされてしまったが、、、
唐津がいきなりでてきても、そりゃわからない!


#それ以前に、映画間の中で話しかけて来るなよ!!!!


しかし、タイ人の日本旅行ブームはすごいけど、

リピーターも増えて、行き先がどんどんマイナー化している。


以前は、タイ人の人気の旅行先といえば、

浅草、鎌倉、京都、飛騨高山、、、、が定番だったのが、、、、

(なぜか、飛騨高山が人気だった)

ついに唐津まで来ましたか!!???


ちなみに、



小京都_R


今日、近くの普通の本屋で平積みされていた本です。


①北海道


くらいは、まあ良いとして、

マイナーに、、、

②三重・和歌山


さらに、


③小京都



「京都」ではなく、「小京都」ですよ。
弘前とか龍野とか、、、、、






ちなみに、この映画でジェームスとトーイの初デート?が

バンコクのきれいなビーチ:パレス ビーチ
で紹介したシーチャン島のパレスビーチ!


より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示

この映画をきっかけに、シーチャン島がブレイクするか?
[ 2014/02/23 22:39 ] タイの映画 | TB(0) | CM(0)

衝撃のタイ映画:7:7

【業務連絡】
今回から「タイの映画」というカテゴリを作りました。
過去のタイ映画ネタは、タイの映画 に移しました。




タイのFacebook;性格のキツイ女子大生
で最近のタイのフェイスブック事情を書いたのが2年前

ところが、タイではすっかりフェイスブックは下火になってきた気がします。

フェースブックにあまりアクセスしないタイ人が増えてきた。

今はタイでは完全にLINEの時代ですね。

(そういえば、以前タイでメジャーだったHi5なんて、もう誰も覚えていない!)



รัก 7 ปี ดี 7 หน (Seven Something:ラック 7ビィ、ディー 7ホン)という去年の映画があります。
7年という数字を軸とした3つの愛のストーリーのオムニバスです。

GTH社の7周年記念映画ということで、『超豪華キャスト』で宣伝も半端じゃなく、力がはいっていました。

さりげなく、主演級が沢山出ているんだもんなぁ。


Seven Something Posture
この映画を見たことが無い人もこのポスターは見たことがあるはず。
ガンガンCMもうっていたし。

※それに、第一話の主人公パンパンは今年スキャンダルでも話題になってしまいました









とろろが、、、、、



衝撃のビデオ! ぼくの恋人


を超えるド級のビデオがでました。

友人がフェイスブックで教えてくれました ← まだまたFB健在です




1380749_10152005105913140_740592168_n.jpg



上が、รัก 7 ปี ดี 7 หน (ラック 7ビィ、ディー 7ホン)

下が、แนท 7 ที เชอรี่ 7 หน(ネット 7ティ、シェリー 7ホン)


単なるダジャレです。 (でも、私のツボにはまった!)


#ちなみに、
ネットとは、タイの人気AV女優
シェリーも、やっぱりAV人気女優のようです。


「ネットは7回、シェリーは7回(エッチをする)」

ような意味でしょうか。

ちょっと見ましたが正当派(?)アダルトビデオです。
(興味のあるかたはyoutubeで検索して見てください)


でも、ちゃんとロケもやってストーリもあって、
ちゃんと真面目に売ろうと思っているようです。


上の写真でも「หมด:売り切れ」と書かれてます。




そんなに、売れているのか???







Seven Something Posture 1_R 013911_R.jpg




いやあ、タイの映画のレベルは高いのだが、

タイの映画のパロディ の質も良い味出している!








ところで、話を元に戻して、



GTH社が記念映画として大宣伝をかけたわりには、結果として
「そこそこヒット」程度だったですね。

なんだか、詰め込みすぎで、追いかたが浅かったり、ストーリー展開が雑になったり。



そのオムニバスの中のひとつが、高校生の恋を扱ったストーリー。

携帯電話、SNS、ビデオチャットが重要なツールとして話が展開するのだけど、

自分が編集した彼女のイメージビデオをyoutubeで公開してしまったり、

さらには、

彼女が、「自分の部屋でウクレレを弾きながら歌を歌うプライベート映像」

までアップしてしまう。


彼女の怒りに気づかない男の子。



うんうん、と男の子にも女の子にも共感はできるし、

話としては面白く、演出も面白い。

娯楽で見るにはとても面白い。



でも、もう少し深く追って欲しいのですよね。



ところで、
「インターネットでばらまかれてしまう映像」が、

「ブラジャーがちょっと見えてしまった」

程度で映画ではすませているが、




実際にタイでは、女の子が彼氏にビデオチャットで危ない映像(ヌード)を送る

「そしてそれが拡散してしまう」

事故が結構あるようです。

(「自分の友達が被害にあった」というタイ人女性を沢山知っています。)



「自分の部屋と信頼できる彼氏」の安心感が無防備にさせるのでしょうか。



結局この映画のメッセージとしては、

「ネットの世界」よりも「リアルワールドを大切に」

的な教訓じみた話に思えてちょっと、がっかり。

そもそも、ビデオチャットで女の子がヌードさらしてしまうのは、
「ネットの弊害」のような見方って本当にそうなのでしょうかねえ。




柴門ふみが、

「いくら恋愛の絶頂期のオフザケ気分でも絶対、ポラロイドでヌードを撮らせてはイカン」


と「サイモン印」という本で書いていた。



「ポラロイド」が時代を感じさせるように、昔からそういうことはあった。
決してインターネット リテラシーの問題ではないのじゃないのか。




リアルワールドを補完するのがネット社会であって、

ネット社会が生活の主になってしまうことへの警鐘



が、この映画のメッセージの前提にあると思うのだが、


そもそも
「ネット社会がリアルワールドを超える」
ことを前提とした問題提起のような前提が欲しかったなあ。


リアルワールドが、
「物理的に生きていくためにだけ存在して」

ネット社会が、
「自分の社会活動はネットで行われる」



そういうのは決して非現実ではなく、
リアルワールドのしがらみに喘がざる得ない人への福音だと思ったりします。


ここのところ、実は書き始めると長くなるのですが、
中途半端に書いても、理解を得られられないと思うので、
このへんでやめときます。






ところで、


映画で出てくる小道具(ツール)が、

BB(Black Berry)FacebookSkype

当時はそれがいちばんオシャレだったのですね。


これホンの去年の映画なのですよ。
なんか、笑ってしまいます。


世の中の変化というのがすさまじいですね。

[ 2013/10/13 16:35 ] タイの映画 | TB(0) | CM(0)

タイ人は正しかった:「ナンナーク、、、じゃなくピーマーク」

「サパンクワイ」といえば、連れ込みホテルの沢山ある怪しい場所!

というのは、以前のバンコクでは常識のようです。


先日、知り合いの若いタイ人女性が引っ越しをした。

どこに住むの?

「サパーンクワイよ」

「えっ? それはヤバいんじゃないの?」


と思ったのですが、

どうも最近は、

ただ単に、「都心に近いBTSの駅に近い便利な場所」のようです。





「プラカノン」ときけば、ナンナーク

夜は怖くて行けない! 小舟に乗っているナンナーク(幽霊)を見た!
そんな恐ろしい場所! というのが定番でした。


でも、最近は、

ただ単に、「都心に近いBTSの駅に近い便利な場所」のようです。




で、ナンナーク(Nang nak:นางนาก)です。


以前からタイ人の誰もが知っているストーリーなのですが、

10年ほど前に、映画が大ヒットしたしました。



妊娠しているナークを残して戦場に行ったマーク。
ところが、お腹の子供共々亡くなってしまった。
マークが戦場から帰ってくるとナークが子供と一緒に家で待っていた。
でも、他の村人から見れば、ナークの幽霊と一緒に暮らすマークなのでした。
「ナークはもう既に死んでいる」そうマークに忠告する村人を次々に呪い殺していく。




そんなストーリーの映画です。

ちなみに、主演はサイ(SINE(ทราย):Inthira Charoenpura(อินทิรา เจริญปุระ))
映画では短髪(多分時代考証の結果だと思う)のだが、そのままのショートヘアで一世を風靡しました。


ちなみに、このSAI LOM TEE WUNG DEE(สายลมที่หวังดี )ですが、、、
職場の新年会の出し物で歌ったことがあります:恥ずかしい過去でした




そのころショートヘアーで有名な歌手といえば、他にはBUDOUKANのボーカルのイン(Inn(อิน):Intira Youinyong(อินทิรา ยืนยง))くらいでしょうか。

BUDOKAN 2


「4人の美女」と「1人のインパクトのある女性(イン)」との不思議なガールスバンドでした。
(もちろん左前がインです)




ちなみに、このKAU HAI MEUAN DERM(ขอให้เหมือนเดิม)ですが、、、
こちらも職場の別の新年会の出し物で歌ったことがあります:恥ずかしい過去でした









今回のテーマは、
「ナンナーク」の話であったことを忘れそうになっています。






この映画、

ナークが次々に村人を呪い殺すホラー映画

と思っていたら、

タイ人曰く、

「死んでも愛し続ける純愛物語

だと言う!!!


次々に村人を呪い殺して、、、、純愛って、変!!

やはり、タイ人とは判りあえない!









ところで、このナンナークのパロディ映画が上映されています。
記録的大ヒット中です。



ピー マーク プラカノン(Pee Mak Phra Kanong:พี่มาก..พระโขนง)です。

日本語訳が難しいですね。
(「ナンナーク」の「ナン」を「ピー」にして、「ナーク」と「マーク」で韻を踏んでいます。そして、それじゃ判らないので、プラカノン(=タイ人なら誰でもナンナークを思い浮かべる)を加えた感じです。
あえて日本語超訳で、「ナンナーク、、、じゃなくピーマーク」でどうでしょうか?



この映画、素晴らしい出来です!


ホラー&パロディ&コメディ&純愛 が絶妙に融合しています。






ホラー映画でありながら、
ナンナークをもじりながら、
随所に品良く笑いを交える

そして、根っこは、純愛のラブストーリー!

伏線をたっぷりいれたり、二転三転テンポよく展開するストーリーも良い。
それでいて、クライマックスはじっくりと見せます。


ナンナークは純愛映画!
と言っていたタイ人は正しかった!







しかし、GTH社の映画って面白いですね。


ちなみに、いままでこのブログで紹介した下記の映画は全部GTH社の映画です。
・僕の恋人衝撃のビデオ! ぼくの恋人 で紹介)
・バンコク トラフィック ラブ ストーリータイ女性のオトコへのアタック方法で紹介)
・クワン・ムンホー美味しい屋台がいっぱい;ある紳士の言い訳 で紹介)
・いろいろあった夏休みタイ人のイメージする日本人女性 で紹介)



ちなみに、この映画単体でも楽しめますが、やはりパロディですので「ナンナーク」を見てからが良いと思います。
また、笑いを理解するには若干高度なタイ語力がいるとお思います。
(日常会話レベルの人でも2,3回見れば大丈夫と思いますが、1回では難しいと思います)
[ 2013/04/07 19:49 ] タイの映画 | TB(0) | CM(1)

ヌーナーのクーカム

タイでは、日本からの投資ラッシュです。

2009年の空港封鎖
2010年のバンコク騒乱 http://okui.blog77.fc2.com/blog-category-15.html
2011年のタイ大洪水 衝撃画像;洪水に流される瞬間

政情不安定、自然災害、、、、


それに、バーツ高だし、人手不足、人件費も高騰!


のはずのタイが投資先として魅力的なのは何故?


一つのキーは、タイが日本人に「住みやすい」こと。


だそうです。


日本企業が海外に進出する際に「社員の住みやすさ」は重要なファクターになる。

そして、タイでは日本人にとって間違いなく住みやすい国です。




その理由は、、、、



そりゃあ、コボリでしょう!


以前は、街を歩いていると、突然「コボリ」と呼びかけられたりしました。


「ダイ アンスマリン レオルヤン?」(アンスマリンをもう見つけた? = タイ人の恋人を見つけたか?)

というのは、タイ人の日本人に対する冗談(あるいは本気?)の定番でした。


そうです、タイの超人気ドラマ クーカム(คู่กรรม)です。
日本人コボリとタイ人アンスマリンとの悲恋物語です。

今まで何度も映画やドラマになってきました。

そして、

タイ人が日本人に好意的なのは、このクーカムのせいなのです。←いいのか? 言い切って!




そして、今またドラマでやっています。毎週月曜火曜8:10からです。
そのような時間に帰ることが少ないのですが、できるだけ頑張って帰って見ています。


アンスマリン(日出子)役は、美味しい屋台がいっぱい;ある紳士の言い訳 で紹介したヌーナー(NOONA)。

以前とは違って「個性的」なアンスマリン役を演じています。
というか、ヌーナーの地のような気がします。


DSC06783_R.jpg
ヌーナーのアンスマリン


DSC06735_R.jpg
日本語を話すシーンは、「タイ語を話したうえで日本語字幕」というややこしいことをしています。


ちなみに、クーカムは「メナムの残照」というなで邦訳の本がでています。
とっても面白かったです。
(でも、読んだのは10年以上前なので、何が面白かったのかも忘れてしまった、、、)






[ 2013/03/16 03:02 ] タイの映画 | TB(0) | CM(0)















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。