スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バンコクのクリスマスツリー2009(夜景編) 

バンコクのクリスマスツリー2009
の続きです。今回は夜景編です。

突然ですが、


美しさとは、「隠すこと」だと思います。


高校生のころ雑誌GORO(注)に夢中になったのも、
オッパイが隠れるか隠れないがギリギリの篠山紀信の写真にを見て美しいと思ったり、


注;今のオジサンの殆どは高校生時代GOROに夢中になったと思う(本当か?)
ヌードではないヌードというジャンルを切り開いた雑誌です。
乳頭ギリギリの写真をみて友達どうして、これは「ヌードかどうか?」
カンカンガクガク世を徹して議論したものです。 (←もっと、他のことで議論しろよ!)


って、何の話でしたっけ、、、、

そうそう、
「隠すことは美しい」
話でした。



一番美しい風景は、

【雪景色】
(いいのか? 言い切って!)


次に美しいのは、

【夜景】



いずれも、余計なものをすべて隠してしまえるから。


隠れていない部分が引き立ち、とても美しく感じるのです。

そんなわけで、

バンコクのクリスマスツリー2009

の写真がいまいちインパクトが無いのは、


余計なものがいっぱい写っているからなのです。
(写真のテクニックが悪い問題では無いのです ← 言い訳にしか聞こえない)

で、今回は、

バンコクのクリスマスツリー

雪景色&夜景編


です。


えっ、バンコクで雪景色?


と思ったあなた!


最近は、高性能な人工降雪機があるのです。


人工降雪機を使えば、バンコクで雪景色のクリスマスツリーを見るのも可能なのです。



が、


予算の都合上、


今回は、雪景色はなしです。
(将来、私が100億円ほど儲けたら、人工降雪機を買ってバンコクの雪景色を撮影したいと思います。)



でも、今年は不況の影響か、明らかに全体的に地味です。
人工降雪機での雪もありません。
(昔からなかった)

去年も地味でしたが、今年はさらに地味さが目立ちます。






P1050670_R.jpg
エンポリアム(Emporium)前の夜景。今年は去年にはなかったラッパからの線が増えました。





IMG_8999_R.jpg
セントラル・ワールド・プラザ(Central World Plaza)前です。
タイを代表するクリスマスツリーポイントのひとつと言ってよいと思います。




IMG_9008_R.jpg

IMG_9015_R.jpg
サイアム・パラゴン(Simam Paragon)前。こちらもスッカリタイを代表するポイントとなりました。





IMG_8967_R.jpg
ペニンシュラプラザ前です。伝統でいえばこちら。





IMG_8969_R.jpg
ペニンシュラプラザに隣接するフォーシーズンズ ホテル(Fourseasons Hotel Bangkok)前です。
近くで見ればそれなりに綺麗なのですが、去年までののダイナミックな美しさの方が良かった気がします。


IMG_9029_R.jpg
セントラルデパートチットロム店です。伝統的に壁の電飾に頑張っています。




なお、フォーシーズンズ ホテル(Fourseasons hotel)のパリチャートコート(Parichart Court)は、
緑豊かな中庭に面した専門店街なのですが、各店が新進デザイナーに依頼して作った趣向を凝らしたツリーを展示しています。




IMG_8975_R.jpg
カードで作ったツリー。



IMG_8976_R.jpg
中華風?のツリーです。



IMG_8979_R.jpg
ツリーの中にサンタがいます。  これは、チト、アイデアだおれ!



IMG_8988_R.jpg
ジム・トンプソン前のツリー。シルクをモチーフにしています。






そして、さらに番外編!




IMG_9104_R.jpg
無料のチャオプラヤー豪華クルーズ
で行ってきたペニンシュラホテル(The Peninsula Bangkok)ホテル内の「お菓子の街」です。

うちの4歳のチビは大喜び。
私も豪華な雰囲気かつ豪華クルーズ、、、、すべて無料で大喜びです。
(ホテル内に立ち入るだけなら、どんな高級ホテルでも無料です)

バンコクのクリスマスツリー2009

12月恒例;このブログが始まって以来の定点観測「バンコクのツリー」です。


バンコクのクリスマスツリー2006

バンコクのクリスマスツリー2006(夜景編)

バンコクのクリスマスツリー2007

バンコクのクリスマスツリー2008

バンコクのクリスマスツリー2008(夜景編)

も参考にしてください。




P1050158_R.jpg
まずは定番。エンポリアム(Emporium)前です。
一昨年までは、ツリーの上や前の天使が金色でしたが、昨年にはシルバ-に変わりました。
今年は一昨年の金色に戻りました。
やはり金色の方がバランスは良いと思います。
但し、天使のラッパから出ている線はウザっぽく感じます。


去年エンポリP1000518_R
こちらは、去年のエンポリ前





IMG_8575_R.jpg
そしてやはり定番のセントラル・ワールド・プラザ(Central World Plaza)前。
東南アジア最大のツリーが売り物。
ツリーにシルバーのかざりが2007年のみついていました。
(2006年および2008年、そして今年はついていません。)
2007年の飾りが失敗だったと判断しているのでしょうか?
個人的な好みとしては、なんとも、、、、、、、、、、
周囲は毎年新たなモニュメントが登場します。
ちょっと前衛的なデザインになって、いまいちよくわかない感じです。




2007年セントラルワールド20071118191446
2007年のセントラル・ワールド・プラザ前
丸いシルバーの飾りがついています。






IMG_9229_R.jpg
サイアム・パラゴン(Simam Paragon)前
サイアム・パラゴンはオープン3年目です。1年目と2年目とは大きく変わりましたが、今年は基本的に昨年と同じです。すっかり、バンコクのツリー名所になりました。




IMG_9244_R.jpg
昨年から登場したスクンビット道路に沿ったリースのゲートは今年も健在です。



IMG_9232_R.jpg
が、サイアム・パラゴンのいたるところにあるこの人形の写真。今年からの登場です。
これなに?






IMG_9250_R.jpg
BTSチッロム駅前のアマリンプラザ(Amarin Plaza)前
ここは毎年新たなツリーと飾りになります。毎年楽しみなポイントです。





IMG_9260_R.jpg
ペニンシュラプラザ前
去年は両側に2本のツリーがあったのですが、今年は真ん中1本になりました。
去年に比べて広がりが欠けるような気がします。
なお、このペニンシュラプラザの内部のクリスマスの飾り付けも楽しみだったのですが、
今年は不景気のためか、大幅に減っています。残念。







IMG_9262_R.jpg
ペニンシュラに隣接するフォー・シーズンズ・ホテル(Four Seasons Hotel) このホテルは上品で派手な電飾のはしりです。前身のリージェントホテル(Regent Hotel)時代からの伝統です。
ことしは大胆にデザインが変更です。



フォーシーズンP1000462_R
これが去年まで。極めてシンプルなデザインながら夜の電飾がすごかったのです。


デザインがどちらが良いと一概には言えないが、伝統のスタイルが変わったのはチョット残念。







IMG_9224_R.jpg
今年は街中でコカコーラのツリーが目立ちました。



P1050584_R.jpg
これもコカコーラのツリー。


思うにコカコーラをスポンサーにして費用削減しようとしたのでは?
不況の影響と思われます。
その他にも全体的に少しずつ地味になってきています。
今から思えば2年前が一番派手だったような気がします。






IMG_9252_R.jpg
インターコンチネンタルホテル(InterContinental Hotel)前
伝統のツリーですが、去年は改装のためツリーがなくなりました。

そして、今年は、、、、、、ツリーがありません。
残念。


PS
近日中に、
バンコクのクリスマスツリー2009(夜景編)をアップします。

バンコクのクリスマスツリー2008(夜景編)

バンコクのクリスマスツリー2008 (日中の様子編)
つづきです。


バンコクのクリスマスツリーたち2006
バンコクのクリスマスツリーたち2006(夜景編)
バンコクのクリスマスツリー2007)
も参考にどうぞ!




P1000514_R.jpg
エンポリアム(Emporium)から。上品なデザインですっかりバンコクの定番です。狭い場所なのですが、BTS駅高架からも楽しむことができます。


P1000616_R.jpg
サイアムパラゴン前。サイアムの人ではさすがにすごい! 若いタイ人が集まるところでもあり、外国人観光客が集まる場所でもあります。すっかり、タイの顔になってきました。


P1000624_R.jpg
セントラルワールドプラザ前。広々した敷地にそびえ立っているツリーは、夜も他を圧倒しています。年末のカウントダウンでも有名な場所です。


P1000633_R.jpg
ペニンシュラプラザ前。伝統の電飾はさすがです。見ているだけであきません。

P1000642_R.jpg
ペニンシュラプラザ、アップです。


P1000650_R.jpg
フォーシーズンホテルです。ここはやはり夜の方がすばらしい。単色の電飾が上品な感じでいいかんじ。





バンコクのクリスマスツリー2008 (日中の様子編)

このブログの定点観測シリーズ!

バンコクのクリスマスツリーたち2006

バンコクのクリスマスツリーたち2006(夜景編)

バンコクのクリスマスツリー2007)

に次ぐ、2008年バージョンです。

まずは、定番! 今年2008年のエンポリアム(Emporium)!

P1000518_R.jpg
いつもながら、なかなな精錬されたデザインはバンコク有数です。ツリーの上に天使がいるのもスマートと思います。
去年とくらべて、ツリーもまわりの天使も同じデザインです。但し、異なっているのが天使の色。金色から白に変わっています。
不景気の影響で金色が使えなくなったか?(関係ないって!)

20071118191523.jpg
2007年版(昨年)のエンポリウムです。


20071118191458.jpg
2006年版(一昨年)のエンポリウム。





次は、セントラルワールドプラザ、「東アジア最大のクリスマスツリー」を売り物にしています。

P1000473_R.jpg
広々とした敷地に余裕をもってそびえ立つツリーは、やはりタイのクリスマスのシンボルともいえますね。
ツリー自体は昨年とほとんど同じですが、まわりの装飾が毎年変わります。
今年は、世界各国のシンボルのイメージのモニュメントがあり、なぜか日本の鳥居風のものまでありました。(写真左下のブルーのもの)
オーナメントが何もなく、少し寂しい気がするのですが、昨年は銀色のオーナメントがついていました。
でも、一昨年はやはりついてなかったので、、、、、


なお、セントラルワールドの内部のクリスマスツリーも一見の価値ありです。
今年は、パナソニックのスポンサーでプラズマディスプレイが何台もぶら下がっています、、、、が、その演出はちと企画だおれのような気がしないでもない。


20071118191446.jpg
2007年版(昨年)のセントラルワールドプラザ。


20071118191435.jpg
2006年版(一昨年)のセントラルワールドプラザ。



そして、サイアムパラゴンです。

P1000500_R.jpg
こちらは歴史が浅い分、まだ試行錯誤という気がします。
ツリー自体は昨年と一緒ですが、一番の大きな違いは、設置場所が異なっています。
以前は、サイアムパラゴンとサイアムセンターの間の広場だったのですが、今年は、その広場はイベント広場として残して、サイアムセンター側の入り口近くです。
このツリーから、東側にクリスマスらしい装飾が施され、特に夜にオススメのポイントとなっています。
(近々、このブログで「夜景編」をアップします。しばらくお待ちください)
ツリー自体のデザインは昨年と一緒です。



20071118191547.jpg
2006年のサイアムパラゴン。サイアムセンターとの間の広場に設置されていた。







それでは、定点観測はこのくらいにして、どんどんいきます。




P1000462_R.jpg
フォーシーズン(旧リージェントホテル)前です。今となっては、変哲もないツリーですが、10年以上前から変わらぬデザインでです。(筆者の記憶に間違いなければ)、バンコクの定番です。


P1000463_R.jpg
ペニンシュラプラザ。高級ショッピングセンターのペニンシュラプラザ自体は、他のショッピングセンターに押され、どんどん寂れていく気がするのですが、クリスマスにかける気合いの入れ方は、やはり「バンコクを代表」する心意気です。
クリスマスには、聖歌隊も来て大混雑の場所です。



変わり種!クリスマスツリー!


P1000466_R.jpg
サンタのツリーです。これは、変わり種で成功!のパターン


P1000469_R.jpg
何じゃ? これ! 完全に企画倒れ! 懲りすぎ! もっと、シンプルなコンセプトでどうぞ!


P1000453_R.jpg
中に風船があるクリスマスツリー。


P1000450_R.jpg
子供がこんな風に遊べます。

うちのチビは大喜びですが、、、、、「ツリー」としてみた場合は、美しさに欠けます。
こちらも企画倒れです。


他にも、エコを売り物に、観葉植物で作ったツリーや、コーラの缶で作ったツリーなど「変わり種」ツリーもバンコク市内でいろいろ目にします。

が、あらためて、伝統の定番ツリーの魅力を再認識しました。




で、直接関係ないけど、

ナイト水上マーケットとホタルのクリスマスツリー

クリスマスツリー工場

も、参考にどうぞ!

バンコクのクリスマスツリー(2007)

バンコクの2大ショッピングセンターといえば、サイアムパラゴンVsセントラルワールドプラザ。

まず、仕掛けたのがThe Mallグループのサイアムパラゴン(Siam Paragon)。旧インターコンチネンタル跡地にタイ最大(50万平米)のサイアムパラゴンを開店。それに対抗してセントラルグループがセントラル ワールド プラザ(Central World plaza)を大幅改装&増床して『タイ最大(55万平米)』となりました。

ところが、筆者の感覚では、少なくとも「賑わい」ではパラゴンが圧勝!していると思います。
(筆者はショッピングセンターは『涼みに』行くところです。『買い物をするところ』ではありません。大多数のタイ人も筆者に同調しているようです。そのため『賑わい』=『売り上げ』ではありません)

来年には、セントラル ワールドプラザもホテル棟、オフィス棟も完成し、パラゴン Vs CWP第2弾となり、ますます目が離せません。
(でも、筆者は、いずれでも買い物をすることはありません)
 
参考記事;
都心回帰(バンコク中心部のショッピングセンター)
バンコクの巨大ショッピングセンター 一覧



で、前置きが長くなりました。本日11月18日時点でのパラゴン、CWP前他のバンコクのクリスマスツリー状況です。




20071118191523.jpg
今年(2007年)のエンポリアム前 去年と全く同じデザインです。




20071118191458.jpg
去年(2006年)です。






20071118191446.jpg
今年(2007年)のセントラルワールドプラザ前 
アジア最大のツリーが売り! 去年は完成が12月中旬まで遅れたが、今年は早々に完成です。 




20071118191435.jpg
去年(2006年)です。
ツリー自体のデザインは同じですが、全体的なデザインは変化しています。




20071118191603.jpg
今年(2007年)のサイアムパラゴン前 
まだ、ツリーの影も形もありません。(客がはいっている余裕か?)
フットサルのイベント特設会場がありました。



20071118191547.jpg
去年(2006年)です。




20071118191650.jpg
今年(2007年)のペニンシュラプラザ前。まだ制途中です。これからどのようになるのでしょうか?


 

20071118191636.jpg
去年(2006年)です。


参考記事;
バンコクのクリスマスツリーたち(2006)
バンコクのクリスマスツリーたち;夜景編(2006)
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。