バンコクのクリスマスツリー2008(夜景編)

バンコクのクリスマスツリー2008 (日中の様子編)
つづきです。


バンコクのクリスマスツリーたち2006
バンコクのクリスマスツリーたち2006(夜景編)
バンコクのクリスマスツリー2007)
も参考にどうぞ!




P1000514_R.jpg
エンポリアム(Emporium)から。上品なデザインですっかりバンコクの定番です。狭い場所なのですが、BTS駅高架からも楽しむことができます。


P1000616_R.jpg
サイアムパラゴン前。サイアムの人ではさすがにすごい! 若いタイ人が集まるところでもあり、外国人観光客が集まる場所でもあります。すっかり、タイの顔になってきました。


P1000624_R.jpg
セントラルワールドプラザ前。広々した敷地にそびえ立っているツリーは、夜も他を圧倒しています。年末のカウントダウンでも有名な場所です。


P1000633_R.jpg
ペニンシュラプラザ前。伝統の電飾はさすがです。見ているだけであきません。

P1000642_R.jpg
ペニンシュラプラザ、アップです。


P1000650_R.jpg
フォーシーズンホテルです。ここはやはり夜の方がすばらしい。単色の電飾が上品な感じでいいかんじ。





バンコクのクリスマスツリー2008 (日中の様子編)

このブログの定点観測シリーズ!

バンコクのクリスマスツリーたち2006

バンコクのクリスマスツリーたち2006(夜景編)

バンコクのクリスマスツリー2007)

に次ぐ、2008年バージョンです。

まずは、定番! 今年2008年のエンポリアム(Emporium)!

P1000518_R.jpg
いつもながら、なかなな精錬されたデザインはバンコク有数です。ツリーの上に天使がいるのもスマートと思います。
去年とくらべて、ツリーもまわりの天使も同じデザインです。但し、異なっているのが天使の色。金色から白に変わっています。
不景気の影響で金色が使えなくなったか?(関係ないって!)

20071118191523.jpg
2007年版(昨年)のエンポリウムです。


20071118191458.jpg
2006年版(一昨年)のエンポリウム。





次は、セントラルワールドプラザ、「東アジア最大のクリスマスツリー」を売り物にしています。

P1000473_R.jpg
広々とした敷地に余裕をもってそびえ立つツリーは、やはりタイのクリスマスのシンボルともいえますね。
ツリー自体は昨年とほとんど同じですが、まわりの装飾が毎年変わります。
今年は、世界各国のシンボルのイメージのモニュメントがあり、なぜか日本の鳥居風のものまでありました。(写真左下のブルーのもの)
オーナメントが何もなく、少し寂しい気がするのですが、昨年は銀色のオーナメントがついていました。
でも、一昨年はやはりついてなかったので、、、、、


なお、セントラルワールドの内部のクリスマスツリーも一見の価値ありです。
今年は、パナソニックのスポンサーでプラズマディスプレイが何台もぶら下がっています、、、、が、その演出はちと企画だおれのような気がしないでもない。


20071118191446.jpg
2007年版(昨年)のセントラルワールドプラザ。


20071118191435.jpg
2006年版(一昨年)のセントラルワールドプラザ。



そして、サイアムパラゴンです。

P1000500_R.jpg
こちらは歴史が浅い分、まだ試行錯誤という気がします。
ツリー自体は昨年と一緒ですが、一番の大きな違いは、設置場所が異なっています。
以前は、サイアムパラゴンとサイアムセンターの間の広場だったのですが、今年は、その広場はイベント広場として残して、サイアムセンター側の入り口近くです。
このツリーから、東側にクリスマスらしい装飾が施され、特に夜にオススメのポイントとなっています。
(近々、このブログで「夜景編」をアップします。しばらくお待ちください)
ツリー自体のデザインは昨年と一緒です。



20071118191547.jpg
2006年のサイアムパラゴン。サイアムセンターとの間の広場に設置されていた。







それでは、定点観測はこのくらいにして、どんどんいきます。




P1000462_R.jpg
フォーシーズン(旧リージェントホテル)前です。今となっては、変哲もないツリーですが、10年以上前から変わらぬデザインでです。(筆者の記憶に間違いなければ)、バンコクの定番です。


P1000463_R.jpg
ペニンシュラプラザ。高級ショッピングセンターのペニンシュラプラザ自体は、他のショッピングセンターに押され、どんどん寂れていく気がするのですが、クリスマスにかける気合いの入れ方は、やはり「バンコクを代表」する心意気です。
クリスマスには、聖歌隊も来て大混雑の場所です。



変わり種!クリスマスツリー!


P1000466_R.jpg
サンタのツリーです。これは、変わり種で成功!のパターン


P1000469_R.jpg
何じゃ? これ! 完全に企画倒れ! 懲りすぎ! もっと、シンプルなコンセプトでどうぞ!


P1000453_R.jpg
中に風船があるクリスマスツリー。


P1000450_R.jpg
子供がこんな風に遊べます。

うちのチビは大喜びですが、、、、、「ツリー」としてみた場合は、美しさに欠けます。
こちらも企画倒れです。


他にも、エコを売り物に、観葉植物で作ったツリーや、コーラの缶で作ったツリーなど「変わり種」ツリーもバンコク市内でいろいろ目にします。

が、あらためて、伝統の定番ツリーの魅力を再認識しました。




で、直接関係ないけど、

ナイト水上マーケットとホタルのクリスマスツリー

クリスマスツリー工場

も、参考にどうぞ!

バンコクのクリスマスツリー(2007)

バンコクの2大ショッピングセンターといえば、サイアムパラゴンVsセントラルワールドプラザ。

まず、仕掛けたのがThe Mallグループのサイアムパラゴン(Siam Paragon)。旧インターコンチネンタル跡地にタイ最大(50万平米)のサイアムパラゴンを開店。それに対抗してセントラルグループがセントラル ワールド プラザ(Central World plaza)を大幅改装&増床して『タイ最大(55万平米)』となりました。

ところが、筆者の感覚では、少なくとも「賑わい」ではパラゴンが圧勝!していると思います。
(筆者はショッピングセンターは『涼みに』行くところです。『買い物をするところ』ではありません。大多数のタイ人も筆者に同調しているようです。そのため『賑わい』=『売り上げ』ではありません)

来年には、セントラル ワールドプラザもホテル棟、オフィス棟も完成し、パラゴン Vs CWP第2弾となり、ますます目が離せません。
(でも、筆者は、いずれでも買い物をすることはありません)
 
参考記事;
都心回帰(バンコク中心部のショッピングセンター)
バンコクの巨大ショッピングセンター 一覧



で、前置きが長くなりました。本日11月18日時点でのパラゴン、CWP前他のバンコクのクリスマスツリー状況です。




20071118191523.jpg
今年(2007年)のエンポリアム前 去年と全く同じデザインです。




20071118191458.jpg
去年(2006年)です。






20071118191446.jpg
今年(2007年)のセントラルワールドプラザ前 
アジア最大のツリーが売り! 去年は完成が12月中旬まで遅れたが、今年は早々に完成です。 




20071118191435.jpg
去年(2006年)です。
ツリー自体のデザインは同じですが、全体的なデザインは変化しています。




20071118191603.jpg
今年(2007年)のサイアムパラゴン前 
まだ、ツリーの影も形もありません。(客がはいっている余裕か?)
フットサルのイベント特設会場がありました。



20071118191547.jpg
去年(2006年)です。




20071118191650.jpg
今年(2007年)のペニンシュラプラザ前。まだ制途中です。これからどのようになるのでしょうか?


 

20071118191636.jpg
去年(2006年)です。


参考記事;
バンコクのクリスマスツリーたち(2006)
バンコクのクリスマスツリーたち;夜景編(2006)

バンコクのクリスマスツリー2006(夜景編)

今日は12月23日。クリスマス イブx2で、かつ土曜日。バンコクの街中はクリスマスムード一色です。
そんなわけで、嫁さんとチビと一緒に夜のバンコクに繰り出しました。


バンコクのクリスマスツリーたち

とあわせてお読みください。


20061223225108.jpg
エンポリウム;ベルでできたホワイトツリーと光の天使たちの装飾。規模は大きくはないがバンコク有数のクリスマスツリー名所だと思っています。

20061223225049.jpg
クリスマスソングコンサートをやっていました。



20061223225039.jpg
インターコンチネンタル ホテル;シンプルで品のあるツリーです。右側に見える小さめのツリーはホテルのロビーにあるツリーです。

20061223225118.jpg
セントラル ワールド プラザ;東南アジア最大のクリスマスツリーだそうです。なお、ここはNewYearのカウントダウンポイントとしても有名です。昨年はタクシン元首相がここに来ましたが、今年は誰が来るのか?


20061223225130.jpg
新名所サイアム パラゴンです。こちらもクリスマス&NewYearイベントの準備がととのいました。カウントダウンカウンターも見えます。



20061223225150.jpg
ペニンシュラプラザ;ここは昼もよいが夜もなかなか楽しめます。


20061223225138.jpg
フォーシーズン ホテル;古くからの電飾で有名。国王の写真をが輝いています。

こちらも参照してください
夜空のクリスマスツリー

バンコクのクリスマスツリー2006

敬虔なキリスト教徒の多い とにかく何でもいいから騒ぎたい 。そんなバンコックっ子にとって、王様の誕生日、クリスマス、新年と続くこの時期は、1年のなかで最高の時期です。

街中にも、クリスマスツリーがあふれています。ミーハーにツリーウォッチングをしてみました。

1.正統派ツリー

20061205182749.jpg
ペニンシュラプラザのツリーが自然の木を模した正統派でしょう。なお、内部にもクリスマスの装飾がいっぱいで、楽しめます。


20061205181904.jpg
エンポリウムの正面ロビーのツリー。大きくはないが、まさに正統型の美しさです。

2.三角錐型ツリー
昼の美しさは多少は犠牲にして、夜の美しさで勝負のパターンです。

20061205182354.jpg
セントラルワールドプラザの屋外は、とにかくでかい。


20061205181627.jpg
インターコンチネンタルホテルもこのパターン。


3.三角錐+賑やか装飾型ツリー

2の三角錐型の昼の寂しさをカバーすべく、賑やかに飾り付けをしたパターン

20061205182245.jpg
セントラルワールトプラザのホールのツリーは屋内としては最大級


20061205182104.jpg
ゲイソンプラザもなかなかきれい


4.ホワイト型ツリー

20061205181821.jpg
エンポリウム屋外はベルが沢山ついたホワイトツリー。前には天使も。


20061205182509.jpg
パラゴンの屋外もベル付のホワイトツリー。前にはトナカイです。


20061205182005.jpg
エンポリの屋内多目的ホールです。明かりの加減でピンクに見えますが、ホワイトです。


5.前衛型ツリー


CityBank.jpg
シティバンク銀行の青いツリーです。


HSBC.jpg
こちらは、HSBC銀行の赤いツリー。


6.超正統派ツリー

20061205182643.jpg
王様とツリーのペアにかなうものはなし。フォーシーズンホテルです。